MENU

年齢を重ねると気になるくすみ

 

30代、40代になってきますと、肌の色がさえず、
なんとなくくすんで見えることがありませんか?

 

若いころは何もしなくてもお肌にハリがあって、透明感があります。
ですが、年齢を重ねていくうちに透明感がなくなってきます。
30代、40代になってきますと、

 

・顔色がくすんで見える
・透明感がない
・顔が疲れているように見える

 

というような、お肌に変化が起きてきます。

 

これをくすみといいます。

 

このくすみは、どうすればなくなり、若いころのように透明感のある
お肌に近づくことができるのでしょうか?

 

今回はくすみについて、その原因と対策をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

くすみの原因は3種類

 

くすみの原因について、ご紹介します。
原因は大きく3つに分けられます。

 

1、メラニンぐすみ
お肌への慢性的な刺激によってできたくすみです。
毎日お肌を強くパッティングしたり、化粧水を叩き込んだり、
こすったりすることが原因です。

 

拭き取り式のクレンジングを毎日している方は注意です。

 

 

2、血行不良によるくすみ
疲労がたまっていたり、冷え性などで血行が悪くなり、
肌の色がくすんで見えてしまうのが原因です。

 

 

3、陰影くすみ
お肌の乾燥が原因のくすみです。
乾燥することによって、肌表面の角質細胞がめくれ上がって、
凹凸になることで影ができてくすんで見えてしまいます。

 

 

あなたのくすみはどれが原因なのかを確認してみましょう。

効果があるくすみ対策

 

では、これらのくすみへの対策をご紹介します。

 

1、メラニンぐすみ
このくすみへの対策は、美白です。
美白化粧品でケアすることがおすすめです。

 

2、血行不良によるくすみ
このクスミは、マッサージが有効です。
血行を良くすることで、くすみを改善します。

 

3、陰影ぐすみ
乾燥が原因ですので、まず保湿を心がけましょう。

 

 

また、どの種類のくすみであるのか、判断しにくい場合は、
ピーリングを行ってみましょう。

 

ピーリングをすることで、メラニン色素が排除できます。
また、乾燥肌の肌荒れを取り除いてできるので、陰影ぐすみにも効果があります。
ピーリングは古い角質を取り除いてくれますので、
新陳代謝が良くなり、新しいお肌にうまれかわる効果が期待できます。
くすんでいたお肌もきっと、透明感のあるお肌へ近づけてくれることでしょう。

 

ただ、気を付けたいこともあります。
ピーリング剤は、、化学薬品で角質を溶かすことで、角質を取り除きます。
ですので、頻繁に使っていくと、肌がどんどんと薄くなっていってしまいます。
使う頻度は、週一回程度にしておきましょう。

 

それでもちょっと不安があるという方は、DUOザクレンジングバームがおすすめです。
やさしいソフトピーリングの効果が期待できますので、
お肌に負担をかけずに、ピーリングができます。