MENU

なぜかえる?クレンジング

 

今、今まで使っていたクレンジングをやめて、DUOクレンジングバームに代える
30代、40代の女性が増えているということをメーカーさんから伺いました。

 

なぜ、30代・40代の女性に選ばれているのでしょうか?
その人気のヒミツを探っていきましょう。

 

30代から変化するお肌

 

女性のお肌は30歳を過ぎたころから変化がおこります。

 

1、女性ホルモンが減少してしまう

 

女性は30代半ばから、女性ホルモンの分泌が減少していきます。

 

女性ホルモンは、コラーゲンを作り出す細胞を活性化させる働きをもっています。
30代を過ぎた頃から、お肌にハリ・ツヤがなくなったと、感じる女性が多いのは
そのためです。

 

女性ホルモンの中でも、お肌の美しさを保つのが「エストロゲン」です。
このエストロゲンは、25歳をピークに減少していくといわれています。
エストロゲンが減少することによって、お肌の老化が現れ始めます。
お肌の乾燥、毛穴が開く、小じわが増えるなどの老化が目立ってきます。

 

 

2、新陳代謝が遅くなります

 

さらに、年齢が増すたびに新陳代謝が遅くなっていきます。
新陳代謝はターンオーバーとも呼ばれています。テレビのコマーシャルなど、
どこかで耳にしたことがある言葉だと思います。
ターンオーバーとは、お肌の生まれ変わりのことをいいます。

 

20代では約28日周期でお肌が生まれ変わります。
古くなった皮膚が自然にはがれ落ちて、新しい皮膚に生まれ変わっていきます。
ですので、20代のお肌は、特別なケアをしなくてもツルツルのむきたまごのような
美しいお肌をしています。

 

ですが、30歳を過ぎたころから、徐々にこのターンオーバーが遅れてきます。
20代では約28日だったものが、40代では約40日ともいわれています。

 

ターンオーバーが遅くなると、古い皮膚がお肌に残ったままになります。
その古い皮膚が固くなり、角質層が厚くなっていきます。
さらにシミが目立つようになり、くすみの原因にもなります。

 

 

DUOクレンジングバームが選ばれる理由

 

30代になってきますと、1,2でご説明しましたような体の変化がさまざまに
起こるようになります。
これらの体の変化によって、女性のお肌の状態も影響を受けて変わってきてしまうのです。

 

20代の頃は何もしなくてもキレイなお肌を保つことができていましたが、
30歳を過ぎると、お肌のケアも攻めのケアに代えていかなければ、
お肌の老化は一層進んでいってしまいます。

 

中でも気になるのが
・毛穴の開き
・乾燥肌
・ターンオーバーの遅れ

 

 

この3つの悩みを解消するために、まず洗顔、クレンジングを見直す人が多いのです。
DUOクレンジングバームは、
・微粒子スクラブで、毛穴の中の汚れを落とします
・美容成分がたっぷり入っていますので、洗い上がりもしっとり。乾燥肌にはピッタリです。
・微粒子のスクラブが、古くなった角質をやさしく落としてくれます。

 

DUOクレンジングバームは、30代からのお肌のお悩みをしっかり解消してくれる
理想的なクレンジングなのです。