クレンジングを見直そう

 

クレンジングって、どんな基準で選んでいますか?

 

・メイクがとっても良く落ちるもの
・拭き取りタイプは洗顔しなくてすむから便利
・メイクが落とせれば別になんでもいい
・価格の安いものだったら、特に気にしない

 

という理由で、選んでいたら赤信号です!

 

クレンジングは、どんなにお肌にやさしいものでも、お肌にとってはどうしても
刺激のあるものなのです。

 

毎日使うものですから、あまりにもお肌に刺激の強すぎるものを使い続けると、
乾燥肌になったり、お肌にトラブルが起こる可能性もあります。

 

もし、今お肌にトラブルがあるのでしたら、クレンジングを見直すことも必要です。

 

では、どんなクレンジングを選んだらいいのか?
どんなクレンジングを選ぶと刺激が強いのか?
詳しくご紹介してきましょう。

 

 

 

 

クレンジングの働き

 

クレンジングがなぜ、お肌に刺激をあたえてしまうのでしょうか?
その理由がわかれば、クレンジングの選び方も、おのずとわかってくるはずよね。
まずはクレンジングがメイクを落とす仕組みについてご説明していきましょう。

 

クレンジングでメイクを落とす仕組み

 

クレンジングとは、メイクを落とすプロセスです。
メイクは皮脂や汗で落ちないように、油分で作られています。

 

メイクは油ですから、そのまま水で洗顔しただけでは落とすことはできませんよね。
ではメイクをキレイに落とすために、クレンジングはどのように働いているのでしょうか?
ここでは、メイクが落ちる仕組みを順をおって、説明していきます。

 

 

  1. まず、クレンジングに入っているメイクの油を油分で浮かします。
  2. 浮かした油汚れを、水になじませるために「界面活性剤」で乳化します。
  3. 乳化した油汚れは水と混ざり合います。
  4. 水と混ざり合った油汚れは、水で洗い流すことができます。

 

 

 

 

なぜお肌に刺激があるの?

 

では、なぜお肌に刺激をあたえてしまうのでしょうか?

 

それは、油分と水分をなじませる(乳化させる)ための「界面活性剤」が
入っているからです。

 

この界面活性剤がなければ、お肌は刺激を受けることはありませんが、
油分で作られたメイクを落とすためには、どうしても界面活性剤が必要不可欠と
なってくるのです。

 

水で洗い流すタイプや拭き取りのクレンジングには、必ず「界面活性剤」が入っているのです。

 

 

お肌に刺激の少ないクレンジングとは?

クレンジングをするにはどうしても必要な「界面活性剤」。

 

ですが、界面活性剤が含まれる量が少ないクレンジングを選ぶことで、
お肌への刺激も最小限にとどめることができます。

 

ですので、クレンジングを選ぶ際に、界面活性剤が少ないものを選ぶことが
お肌にとって、とっても大切なことです。

 

界面活性剤が多く含まれるクレンジングは?

最も界面活性剤が多く含まれているのは、拭き取りタイプです。
さらにお肌をゴシゴシこすってしまうので、余計に刺激を与えてしまうことになってしまいます。
拭き取りタイプは、いつでもどこでも簡単にメイクを落とすことができるので、とっても便利ですが、
その分お肌にも刺激が強くなってしまいます。毎日使うのには、適しているとはいえません。

 

 

次に多いのが、リキッドタイプです。
リキッドタイプは、油分があまり使われていません。オイルフリーというのがそうですね。
その分、メイク落ちが弱いので界面活性剤を多く含まれています。
オイルフリーだとお肌にやさしい感じがしますが、そうではないのでご注意を。

 

 

界面活性剤が少ないクレンジングは?

界面活性剤が少ないクレンジングは、どんなタイプのクレンジングでしょう?

 

一般的には、クリームタイプと乳化ジェルタイプが少ないとされています。
こちらのタイプは、油分と界面活性剤の量がちょうどよく、メイクにもなじみやすい性質があります。

 

DUOザクレンジングバームは、クリームタイプに近いと思います。
さらにW洗顔が必要ないので、洗顔料に入っている界面活性剤の刺激も受けずにすみます。